「ネット情報交換会」審査結果 2012.8.15

「ネット情報交換会」の出題にアイデアをご応募頂き有難うございました。PR不足で応募の出だしがにぶかったので、締切を3月末を6月末に延長させて頂きました。

審査結果をお知らせします。
「ネット情報交換会」審査結果

ネット情報交換会

アイデアの募集しませんか?

ネット情報交換では、企業が必要としているアイデアの創出や問題の解決する手助けをします。
新製品やビジネスアイデアが欲しい、どうすれば良いのだろうと悩んでいる方、ぜひご相談ください。
漠然とした考えをまとめ、アイデアマンから良いアイデアを引き出せる形にいたします。
アイデアのご相談は、メールinfo@josoken.com までお願い致します。

現在、応募されている出題は以下です。

@1兆円ビジネスのアイデア
  ―1兆円のビジネスを生む市場ニーズと技術シーズ ―
A砂漠降雨法
  ― 夏は雲がない砂漠に雨を降らす方法 ―
B真空飛行船
  ― 水素やヘリウムの代わりに真空を入れた飛行船 ―

出題者募集

社内だけなく、広く世間にアイデアを募集してみませんか?
どんなアイデアが必要か、どんな問題を抱えているかをお知らせ願います。
会社名は匿名や、業界名(文房具、家電品、食品、百貨店、出版社など)でも結構です。 会社名を出したほうが的確なアイデアが集まると判断された場合には、会社名を出して頂いても結構です。
出題申込みと同時に10万円以上の出題料をお出し願います。出題料の上限はありません。
多ければ多いほど、多くのアイデアが集まると思われます。

●出題者登録

メールinfo@josoken.com で出題者登録用紙に必要事項を記入して、お送り願います。
出題者登録用紙(登録料は年間1万円です)ダウンロード

●出題申込み

メールinfo@josoken.com で出題申込み用紙に必要事項を記入して、お送り願います。
出題申込み用紙(1件につき1枚)(出題料は最低10万円、上限なしです)ダウンロード

お知らせ

「ネット情報交換会」のご案内

情報総合研究所のアイデア部会では、2011年1月より「ネット情報交換会」サービスを始めます。 「ネット情報交換会」とは、問題を抱えて困っている会社に、その問題を公開して頂き、全国のアイデアマンから解決のアイデアを募集し、その会社に提供するものです。会社から良いアイデアに賞金を進呈して頂きます。

私は元三菱電機の原子力技術者でした。50年前は注文が、来なかったり(?)、来なかったりで、じれったくなり、新製品開発部門に転進しました。 私は自分に知恵がないものですから、「創造性開発講座」を開設し、社内で300人のアイデアマンを養成しました。これには技術屋ばかりでなく、営業マンや事務屋もいます。新製品のニーズ探しと、その問題を解決するために「情報交換会」というブレインストーミングの会を組織し、14年間に270回開催しました。(*)
その最大の成果は野球場向けの巨大ディスプレーの「オーロラビジョン」(海外名はダイヤモンドビジョン)です。これは8mX10mのもので1台約10億円でしたが、私の時代には全世界に100台以上売れました。東京都府中市の東京競馬場の11mX66mのジャンボサイズのものは約30億円です。2009年末までの全世界での累積販売台数は、1577台です。

情報交換会は新製品のニーズが多かったのですが、職場の難問や奇問の解決もしました。 たとえば、テレビ工場にテレビを運送するためにトラックが入ってくると、鳩も一緒に入って来ます。その鳩が完成したばかりのテレビの上に糞を落とすのです。これをふき取ってもシミが消えず、不良品で売れません。そこでテレビ工場長から「工場内に鳩を入れない方法」を出題されました。

三菱電機には多くの電気屋、機械屋、通信屋などがいますが、残念ながら鳩屋はいません。 ところが、「大阪の天王寺に鳩が沢山いて、JRの天王寺駅に迷い込みます。それが糞を落として、乗客の服を汚すので、苦情が絶えない。そこで駅員がプラスチック製のカモメを買ってきて、黒く塗り、ゴムひもで駅の天井からぶら下げたら、鳩が一羽も来なくなった。鳩はカモメを天敵のカラスと見間違えたらしい」という情報が入り、早速、テレビ工場で試してみると、鳩はまったく寄り付かなくなりました。

このように「情報交換会」は新製品のアイデアだけでなく、現場の多種多様な困ったことの解決案も出してきました。 「情報交換会」をネットワーク上で再現したのが、「ネット情報交換会」です。 「情報交換会」を14年間開催して培ってきたノウハウを活かして、皆様の問題解決に貢献致します。
* 柳下 和夫著『三菱電機「情報交換会」』日本能率協会1988年刊(もう絶版ですが、アマゾン.コムで古本コーナーで350円くらい+送料で買えます)

        2011年1月1日
        情報総合研究所
        代表 柳下 和夫


ネット情報交換会とは

「ネット情報交換会」とは難問を抱えて困っている方(これを出題者と呼びます)に、情報総合研究所(以下当所と言います)がネットを通じて、アイデアマンからアイデアを集め出題者に提供するサービスです。
「ネット情報交換会」をご利用の前に、ネット情報交換会利用規約をお読み願います。
そして同意して頂ければご利用願えます。
ネット情報交換会利用規約


ネット情報交換会お知らせA

アイデアマン募集

問題を解決するアイデアを出して下さい。良いアイデアを出した方には最低5万円の賞金が出ます。ただしアイデアマン全員で10件しかアイデアがでなかった場合には、賞金は出ません。
賞金は
@ベストアイデアの提案者1人に全額を与える。
A1位1人。2位X人、佳作Y人に与える。
B先着Z人に最低1000円ずつを与える。
Cその他の出題者が希望する方法で与える。
@〜Cのいずれの方法で賞金を分配するか、またX,Y,Zがいくらであるかは出題者が決め、出題時に公表致します。

メールinfo@josoken.com でアイデアマン登録用紙に必要事項を記入して、お送り願います。
アイデアマン登録用紙(登録は無料です)ダウンロード