「ネット情報交換会」 への出題 

 1

問題番号

M1120301

 2

出題申込年月日

2011年12月03日

 3

出題締切年月日

2012年06月30日23時59分

 4

出題テーマ(主題)

真空飛行船

 5

出題テーマ(副題)

水素やヘリウムの代わりに真空を入れた飛行船

 6

出題のねらい(#)

災害時の被災者救出と救援物資輸送

 7

内容(400字以内)

東日本大地震やタイの洪水のように、地上の鉄道、道路、空港が使えなくなった場合には、飛行船の出番はないものだろうか。かといって停電では水素を作ることはできないし、ヘリウムはすぐには入手不可能である。

そこで、ヘリウムや水素よりももっと軽いというより、重量ゼロの真空を“充填”した飛行船は作れないだろうか。真空ポンプならエンジンで回せる。幸い近年の材料技術の進歩により、アルミよりももっと軽い「炭素繊維強化プラスチック」が大型旅客機に採用されるまでになった。またマイラーのような高強度気密プラスチックフィルムが開発されたので、真空飛行船は夢ではない。“歴史は繰り返す”というではないか。

そこで真空飛行船の模型製作コンテストを行ないます。応募者は次の@〜Eを提出して頂きます。真空飛行船の大きさは自由です。設計図、A材料、B製作方法、C使用した真空装置と真空度、D模型の机上での静止写真(前後左右と上からの写真)、E模型の空中浮遊状態の動画(上下前後左右から紐や棒で支持されていないことを示すことが必要<たとえば飛行船の上下前後左右で棒を振り回す>)

 8

対象(##)

一般社会人(小中高校大学生、航空、運輸、救急、広告関係者)

 9

賞金総額 

5万円

10

賞金分配方法(###)

A

11

出題者ニックネーム

ライト姉妹

### A:アイデアはアイデアマンの名前は匿名で、アイデア番号とアイデアの内容を出題者に送付します。

出題者はその中からベストアイデアを1件選び、そのアイデアを提案したアイデアマンに賞金の全額を当所から

アイデアマンが指定する銀行に振り込みます。